読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まみの整形外科ブログ

都内を中心に整形外科がある病院を紹介していくブログ

山本謙吾主任教授に診てもらった人の感想 - 東京医科大学病院 -

優良ドクター

東京医科大学病院の山本謙吾先生に診てもらった患者さんの声を紹介致します。

うちの母は、現在75才で数年前から膝痛に悩まされてしまい、今近くにある東京医科大学病院の整形外科にかかっています。

確か初めて診てもらった先生は山本謙吾先生だったと思います。
しかし、心臓疾患があるために普通の方のように関節痛があったとしても、痛みどめやブロック注射が使えません。
そのため行っている治療といえば、湿布を貼ることや骨粗しょう症の薬を飲んでいることが主流です。

しかし、かかりつけの東京医科大で受けられるのがリハビリです。
週に数回受けられるようになっているので、理学療法士からの指導を受けたり、筋力アップのための体操を行ったりしており東京医科大学病院の皆様には感謝しております。
こうしたリハビリができることで、できるだけ関節痛の悩みを減らせるように筋力アップを目指しています。

その他には、血流を良くするための機器に入って治療を受けることもできます。
このようなリハビリができる病院では、目に見えて痛みがなくなっていくというわけでもないのですが、痛みどめに頼ることで副作用の心配もあるため、かえってこのようなリハビリを積極的に行うことが心身の機能の維持に役立つのではないかと思います。

 

f:id:seikeigeka55:20160817010346p:plain


膝痛は、関節破壊が起こっていない段階であれば、筋力をアップすることで今できている歩行を保つことができると山本謙吾先生に教えて頂きました。
どうしても年齢を重ねるにつれて足腰の弱りは出てくるものですが、このように整形外科が指示を出してくれることで積極的なリハビリができることは、高齢者にとって現状維持が目指せる大事なポイントではないかと思います。

母が通院している病院では、膝痛を始め腰痛、肩の痛み、腕の痛みなど様々な関節に悩まされている方も通われていて、積極的なリハビリを継続されているようです。

少しでも体の機能を落とさないためにも関節痛があっても、急性期以外ではこうしたリハビリを持続的に行える病院を選ぶのが適切ではないのかと思います。
痛みどめで確かに関節痛は一時的に楽になるのですが、帰って無理を重ねてしまいその関節への負担をかけてしまうことで関節破壊を進めてしまうこともあります。

負担をかけずに積極的なリハビリを行うことが出来る病院であれば、関節痛で悩んでいる方に継続的な治療が出来ると思います。

整形外科を受診した患者さんの声

整形外科

整形外科を受診した患者さんの声その1

朝起きた時に指の関節痛を感じるようになっていました。

それでも、起きてしばらくすると気にならなくなっていたのでそのまま放っておきました。

会社の同僚などと話していると、中には私も起きた直ぐには指のこわばりを感じると聞いて、普段の仕事でパソコンを使う時間も長めということもあり特に病気なのかと感じることはありませんでした。

そして、その関節痛と思われるものは毎日、強く感じるのではなく、時には痛みやこわばりが無い日もあったことから日々を過ごしていました。

仕事帰りに近所のマッサージをするところに寄ることもあったのですが、その時にその朝に関節痛を感じる時があると世間話のように話していて、その時にも、仕事で疲れているんじゃないですかと言われ、ええ、結構疲れますねと、その症状を深く考えずに流していました。でも、そうこうしている内に、こわばりを感じる指が増えてきたのでした。その時になってようやく、病院に行こうと思ったのです。

こんな時に何科にいけばいいのかと少し思ったのですが、家族から整形外科を受診することをすすめられていきました。

いろいろと問診を受け、血液検査などの結果から早期のリウマチと診断されました。その時にはリウマチと言うと自分勝手にかなり年配になってからの病気だと決めていたので驚いてしまいました。

そして近年では若い人にも発症するのだと聞かされたのです。

幸いにも本当に初期だとのことで普段の生活をどのように送ることがいいのかの話を聞き、そして私に合った治療を決めてもらいました。

整形外科より処方された薬のおかげで今は痛みやこわばりを感じることなく過ごしています。関節痛を感じた時に、それが自然に治るのを待っているような日々を過ごしていましたが、病院に行くことでその原因が分かり、治療を始めることができたのは良かったと思っています。

進行をなるべくゆっくりとさせるような生活をし、気持ちも塞がないように日々を過ごしていきたいです。

整形外科を受診する場合、東京医科大学病院の整形外科(主任教授は山本謙吾氏)がおすすめです。

リウマチなどでお悩みの方はリウマチとうまく付き合う 病院と整形外科医紹介サイトなどをチェックしてみましょう^^

五月病とうつ病の関係性

GWが終わって、いかがお過ごしですか?

この時期は、よくいう五月病になっている人が増えている時期だそうですよ。

 

五月病うつ病の違い

 

五月病とは
仕事や学校、転居などで環境が変わり、最初のうちは張り切っていたのに、5月の連休明け頃から、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強、家事 などに集中できない、眠れないといったスランプ状態に陥ること、これがいわゆる「五月病」。精神的な症状だけでなく、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸な どの症状を訴える人も多く、新しい環境の変化についていけないあせりやストレスが、知らず知らずのうちに体の症状となって出てくるのです。

 

うつ病とは

眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない・・・この「気分が落ち込む」「ゆううつ」な気分が長期にわたって続いている場 合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態。

 

五月病かなと思ったら・・・

とにかく気分転換・リラックスできることをしてみましょう。これらのことは、五月病の予防法でもあります。

  • 趣味やスポーツでストレスを解消
  • たっぷり寝る
  • ゆっくりお風呂に入る
  • 好きな音楽を聞く
  • アロマテラピーでリラックスする
  • 映画や絵画展、コンサート、小旅行などに出かけて気分転換を図る
  • 新しい目標を見つける
  • 友人や先輩などに、話を聞いてもらう

昔の友人と会って初心を思い出すのもいいみたいですよ。

 

五月病のいろいろな対処法を試してみても、心身の不調がなかなか治らない場合、睡眠はたっぷりとっているのに悩みや疲れが消えない状態が1ヵ月以上続く場合は、軽症のうつ病の可能性があります。
特に、仕事や家事などにやる気がでなくなるだけではなく、好きな趣味など以前は興味があったものにも関心がなくなったりする場合は要注意です。

こんな症状が続く場合は、早めに心療内科か精神科を受診しましょう。

 

健康について考える

 お久しぶりです。
入学、進学、入社おめでとうございます。

四月に入り入社式や入学式と何かと忙しい日々が始まりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


健康な毎日を過ごすにはやはりいまの自分がどのくらい健康なのか知る必要があります。
会社によっては健康診断を最初に受けるところもあるとは思いますが、大半の会社は一年たってから会社の健康診断を受けに行くことが多いと思います。

その間に何かあってからでは遅いのです!!

最近の健康診断や人間ドックはそんなに金額がかからないところが多いので、受診しておくことを強くお勧めします。
日帰り、一泊二日と受診する検査項目によっては費用や日程は変わりますが、簡単に受診できます。



人間ドックが受信可能な病院を紹介いたします。


いつも私が紹介している、山本謙吾先生の病院でもやっているみたいです。
東京医科大学病院健診予防医学センター
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/kenshinyobo/


港区で人気のある病院がこちら
多くの3次医療を行う病院と連携しているため、アフターケアが万全で何かあっても安心ですね。
聖路加国際病院サテライトクリニック
http://www.lpc-clinic.com/

ペア割引きみたいなのもあるみたいです。
家族、友達、恋人と一緒に健康について考えるのもいいと思います。
日の出ヶ丘病院
http://www.hinodehp.com/dock




ルテインとビタミンってなんなのさ!

身体の水分が充分でないと便が硬化してしまい、それを外に出すことが困難になり便秘になるらしいです。たくさん水分を摂ることで便秘を解決してみましょう。
「余裕がなくて、バランス良い栄養を計算した食事タイムを持てるはずがない」という人だっているのかもしれない。そうだとしても、疲労回復のためには栄養を充填することは大切だ。
現代人の体調維持への願望から、昨今の健康ブームが大きくなり、TVやインターネットなどで健康食品にまつわる、数多くのインフォメーションが取り上げられています。
13種のビタミンは水溶性であるものと脂にだけ溶ける脂溶性にカテゴリー分けできると聞きます。その13種類のビタミンから1種類がないと、肌荒れ、手足のしびれ、そして気だるさ等に結びついてしまい、ビタミン摂取の大切さを感じるに違いありません。
ビタミンとはカラダの中で創れず、食べ物等から身体に吸収させるしかないようで、不足した場合、欠乏の症状が出て、過度に摂れば過剰症が出る結果になります。
野菜なら調理で栄養価が減少するビタミンCも、そのまま食べてOKのブルーベリーの場合、しっかり栄養をとれます。人々の健康に唯一無二の食べ物だと感じます。
ルテインは本来人体内で生み出されません。ですから、カロテノイドがたっぷり内包された食事などから、有益に吸収できるように継続することが大事でしょう。
体を動かした後の体などの疲労回復や座り仕事が原因の肩コリ、体調管理のためにも、入浴時にバスタブに浸かりましょう。併せて揉みほぐしたりすると、一層の効き目を目論むことができるのではないでしょうか。
タンパク質は基本的に、筋肉、皮膚、また内臓など、至る所にありまして、肌や健康状態のコントロールに機能を貢献しています。最近の傾向としては、さまざまなサプリメントや加工食品に入って売られているようです。
にんにくに含有される成分の“ジアリルトリスルフィド”には、ガン細胞を撃退する能力があるらしく、だから、今日ではにんにくがガンに相当効き目があるものだと見られています。
多数ある生活習慣病の中で、様々な方がかかってしまい、亡くなる疾病が、3種類あるのだそうです。その病気とはがんと脳卒中、心臓病の3つです。これらは日本人の最多死因3つと同じだそうです。
入湯による温熱効果とお湯の圧力などによる身体への効果が、疲労回復をサポートするそうです。ぬるくしたお湯に入って、疲労している部位を揉みほぐせば、一段と有益でしょうね。
健康食品というものに「健康のためになる、疲労対策になる、調子が良くなる」「不足がちな栄養素を補充してくれる」など、オトクな印象を一番に心に抱くのかもしれませんね。
ブルーベリーというものがことのほか身体に良く、見事な栄養価については聞いたことがあるかと想像します。実際、科学の領域でも、ブルーベリーという果物の身体に対する働きや栄養面での影響が研究発表されています。
ビタミンは「少量で代謝機能になくてはならない仕事をする物質」なのだが、人のカラダでは生合成が不可能な複合体だそうだ。少量でも身体を正常に働かせる機能が稼働しますし、足りないと独特の欠乏症を引き起こします。

整形外科医から見た「ルテイン」

ルテインについて

ルテインってどんな物??

合成ルテインとは低価格傾向ということで、使ってみたいと思ったりもしますが、反面、天然ルテインと見比べるとルテインに含まれる量はとてもわずかとなっていることを知っておいてください。

通常「健康食品」の部類は、特定保健用食品の例とは異なり、厚生労働省が認可したような健康食品でなく、宙ぶらりんな部類に置かれているようです(法の世界では一般食品だそうです)。

人の眼の機能障害の回復対策ととても密な関係が認められる栄養成分のルテイン物質が人体内でとても多く保有されている箇所は黄斑だとわかっています。

アミノ酸は通常、人体の内部で数々の肝心の作用をするのみならず、アミノ酸それ自体がケースバイケースで、エネルギー源に変容する事態も起こるようです。
サプリメントの利用においては、第一にどんな役目や効能が望めるのかなどの点を、予め学んでおくのは怠ってはならないと考えられます。
目のあれこれを研究した読者の方ならば、ルテインの効能は充分把握していると察しますが、「合成」、「天然」との種類が2つある事実は、言うほど知られていないのではないでしょうか。

 

◆それではどの様なサプリを選ぶべきか?


サプリメントに使う構成内容に、大変気を使っている製造業者はいっぱい存在しているでしょう。
ただ重要なことは、原料に含まれている栄養成分を、できるだけそのままの状態で開発するかが重要なのです。
生活習慣病の要因になり得る日々のライフスタイルは、世界中で確実に開きがあるみたいです。


いかなるエリアだろうと、生活習慣病が原因の死亡の危険性は低くないとみられています。
聞きなれない名前のアントシアニンという、ブルーベリーの青色の色素は疲れた目を緩和する上、視力回復にも機能があると信じられています。
多くの国々で食べられていると聞きました。
そもそもタンパク質は皮膚や筋肉、そして内臓など、あらゆる部位にあって、肌や健康の調整などにその力を発揮しているようです。
昨今は、多様な加工食品やサプリメントなどに用いられるなどしているのです。
日頃の生活のストレスからおさらばできないと仮定して、そのせいで、大抵の人は疾患を患ってしまう可能性があるのだろうか?答えはNO。
現実的にみてそういった事態には陥らないだろう。
にんにくに含有されているアリシンなどの物質には疲労回復を進め、精力をみなぎらせる作用があるのです。
これらの他に、ものすごい殺菌作用があり、風邪を招くヴィールスを弱くしてくれます。


通常ルテインには、スーパーオキシドの要素となってしまう紫外線に日頃さらされる私たちの眼などを、外部からプロテクトする働きを兼ね備えているようです。
最近の社会はよくストレス社会と表現されることがある。
総理府調査の結果によれば、回答者のうち半分以上の人が「心的な疲労、ストレスを抱えている」らしいのです。
概して、生活習慣病の要因は、「血の流れが原因の排泄の能力の劣化」だそうです。
血液の循環が良くなくなるために、数々の生活習慣病は発病するみたいです。

 


白内障の予防方法(抗酸化・光・紫外線・放射線・ブルーベリー・ルテイン) - YouTube

久しぶりの更新。

アミノ酸について

こんにちわ。

久しぶりの更新です。

今日は皆さんご存知の「アミノ酸」について。

 

幾つもあるアミノ酸の中で、人の身体が必須量を形成が困難と言われる、九つのアミノ酸(大人八種)は必須アミノ酸を呼ばれ、食べ物などで体内に取り入れることが大事であると断言できます。

健康食品と言う分野では、大まかに言えば「国の機関が特別に定められた作用の記載を承認している食品(特定保健用食品)」と「異なる食品」という感じで区分けされます。

にんにくには鎮める効能や血液の循環を促進するなど数多くの効能が影響し合って、人々の睡眠に好影響を及ぼし、不眠の改善や疲労回復をもたらすパワーがあるようです。

「ややこしいから、健康のために栄養を考慮した食事タイムを毎日持てない」という人はいるに違いない。
しかしながら、疲労回復のためには栄養を充填することは絶対だ。

我々現代社会に生きる人間は、代謝力が落ちているというばかりか、さらにファストフードやカップラーメンの拡大に伴う、糖分の摂りすぎの人も多く、逆に「栄養不足」になるのだそうです。

生活習慣病を招きかねない暮らし方や習慣は、地域によっても多少なりとも違うようです。
どこの国であっても、場所であっても、生活習慣病の死亡率は高いほうだとみられています。

ルテインは人の眼の抗酸化作用に働きかけるとされていると感じますが、人体で合成できず、歳に反比例して少なくなるため、撃退不可能だったスーパーオキシドがトラブルを作ってしまいます。

生活習慣病で非常に大勢の方が発症した結果、死にも至る疾患が、主に3つあるそうです。
その病名はがんと脳卒中、心臓病の3つです。
これらは我が国の死亡原因の上位3つと一致しています。

合成ルテインはおおむねとても低価格であって、買い得品だと考える人もいるかもしれませんが、ところが、天然ルテインと比較してみるとルテインの量は大分少ないのが一般的とされているようです。

便秘改善策の基本事項は、とにかく食物繊維をいっぱい食べることでしょうね。
その食物繊維と呼んでも、そんな食物繊維中にはバラエティに富んだタイプがあるそうです。

目に関わる事柄を学んだ経験がある人ならば、ルテインの作用は熟知されているのではと推測しますが、ルテインには「合成」と「天然」の2つが確認されている事実は、言うほど行き渡っていないかもしれません。

サプリメントに用いる素材に、大変気を使っている製造メーカーは多数あるかもしれません。
しかしながら、原料に含有される栄養分を、どれだけ崩すことなく製品化されているかが大切でしょう。

テレビや雑誌で取り上げられて、目に効く栄養源として人気があるブルーベリーであるので、「ここずっと目が疲れて困っている」と、ブルーベリー入りの栄養補助食品に頼っている人なども、少なからずいるでしょう。

更年期障害、そして自律神経失調症などは、自律神経における不具合を発生させてしまう代表的な病気だそうです。
自律神経失調症とは普通、相当量の身体や精神へのストレスが要素となった結果、生じるようです。

疲労回復方法についてのソースは、メディアにも頻繁に登場し、一般ユーザーのある程度の好奇心が寄せ集められている点でもあるに違いありません。